ビジネスの「まじめ」と「みじめ」は紙一重!

 

日本人はまじめなんです。

それ故に、そのまじめさが仕事で裏目に出てしまうことがあります。

ある人が「【まじめ】と【みじめ】は一字の違い」と印象的なことを言っていました。

これは【まじめ】であることを揶揄(やゆ)しているのではなく、はき違えた「まじめさ」は、その人の誠実な本意に反して「みじめ」な結果をもたらすことを強烈に伝えています。

どんなビジネスにおいても、仕事を効率的に進め、着実に目標を達成することが必須です。

そこに、特別な能力や長く苦しい訓練がなくとも、「まじめ」に対する考え方にちょっとした工夫を加えることをしてみませんか?

つまり、誰でも今すぐ成果につなげられるようになるヒントを教えます。

ヒント集コンテンツ一覧(画像をクリック)


報連相のコツ


会議のコツ


メールのコツ


文書作成のコツ


skillup-05


skillup-06


skillup-07


skillup-08


以上のコンテンツにおいて、一つだけ越えなければいけない壁があります。

それは、私たちが重視してきた「まじめさ」に対する考え方を、少しだけ変える必要があることです。

ここで紹介する【ヒント】は、当り前のことや、本当に些細と感じることかもしれません。

でも、以外に全てを実行している人は少ないと思います。

一方、これらの工夫をしている人は、やはり周りからは一歩抜き出ています。

いわゆる「デキる人」ですね。

この「デキる人」になるためには、特別なことを派手にやるよりも、むしろ、基本的なことを愚直に積み重ねることが近道、というのが私の主張です。

ぜひ、ここで紹介する【ヒント】をすぐに実行してみてください。

突然、飛躍的にビジネスへの成功が加速することに気付くはずです。

 

相手にYESと言わせる交渉術

サブコンテンツ

このページの先頭へ

hello