学ぶ姿勢

私たちの『商い』は、商品を通して人格を売る商売をすることは、前にお話ししましたね。

そこには、お客様の目つき、表情、言葉、態度などを観察して、一人一人の気持ちを汲み取ってあげるんですね。

そのために、お客様と楽しくお話しをして、心を通じ合うことが大切なんです。

目線を下に

あなたがお客様に呼ばれて、ご注文をお伺いする時はどのような対応をしていますか?

「笑顔でご注文を聞いています」

そうですね。

『笑顔』が大切ですね。

それが『表情』ですが、態度はどうでしょう。

お客様の目線よりも下になって、お伺いしていますか?

テーブルのお客様であれば、立膝で座ってご注文を伺っていますか?

お座敷のお客様であったら、正座してお伺いしていますか?

mikudasu

頭と腰、そして心を低くする

必ず、お客様の目線よりも下になって、頭、腰を低くすることで心も低くなります。

そうすると、お客様も穏やかな気持ちになります。

逆に、目線が上からだとどうでしょうか?

お客様から見たら、威圧されるように感じられるかもしれませんね。

常に頭と腰と心を低くして、素直に謙虚に「よくわかりました」「勉強になります」という『学ぶ姿勢』がいいですね。

ぜひ、実践してみてください。

そうすることで、お客様の対応も変わってくるのが分かりますから。

また、働く自分も楽しさを実感できます。

 

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-6351258726566078"
data-ad-slot="3416118343">

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

hello